誰にもバレずにお金を借りたい…

キャッシングの利用を考えたとき、

● できれば、職場への在籍確認はして欲しくない…
● 家族にはバレずにお金を借りたい…

というように、誰かにバレることなく使いたい方は多いことと思います。

そこで今回は、借入の利用がバレてしまう時や、誰にもバレずに借入&返済を行う方法についてご説明します。


キャッシングの利用がバレてしまうケース

借入の利用が誰かにバレてしまうケースで一番多いのは、審査時、職場に在籍確認の電話がかかってきてバレるということが、一番よくあることだったりするのですが、融資に審査は絶対必要です。

その中の項目として「職場への在籍確認の電話」がある事をご存知の方も多いと思いますが、やはりここでバレてしまうんですね。

よく「誰にもバレずに借りられます!」といったことを謳っている業者もいますが、全うな業者なら、必ず在籍確認の電話があり、電話もしない業者は闇金の可能性があるので、逆に気をつけた方がいい場合も考えられます。

しかし、全うな業者でも在籍確認の電話で、借入が職場にバレないようにする方法というのはありますので、後述してご紹介させて頂きます。



次に、家族にバレるパターンとして最も多いのが「郵便物」です。

カードローンは名前の通りカードが発行されるのですが、これが自宅に届き、同居している家族が見ると「えっ、お金借りたの?」となってしまうわけですね。

消費者金融の名称丸出しで郵便物が届く訳ではなかったりするのですが、やはり普通の郵便物ではないので、違和感があってバレてしまいますので、ここにも注意&対策が必要です。



また、返済を滞納したときにバレるパターンがあります。

万が一、滞納に気がつかず連絡を放置してしまっていると、「本人と連絡がつかない!」となり、職場や自宅の電話で確認を取ろうとしてきます。

こうなると、周囲に「返済していない」といういわく付でバレてしまいます。


誰にもバレないようにする方法

■在籍確認の電話で、職場にバレないようにするには?

職場への在籍確認の電話でバレないようにするためには、申込の時にこちらから電話をして、オペレーターの人に「在籍確認の電話をして欲しくない」と伝える事で対策が出来ます。

比較的柔軟な対応をしてくれる所が多く、書類での在籍確認の方法を提案してくれたり、(どうしても電話確認が必要な会社だと)クレジットカード会社を名乗って、電話をしてくれたりなど、貸す側も事情を組んでくれますので、しっかりと対策できます。

■郵便物で家族にバレないようにするには?

郵便物で家族にバレないようにするには、カード発行ナシのWeb完結型のローンに申し込むという事をすると、郵便物から家族にバレることが防げます。

最近はカードレス化が進んできていますので、事前に下調べをして申し込むのがポイントになります。

■滞納してもバレないようにするには?

滞納した時でも周囲にバレないようにしておくには、こちらから返済できない旨を早めに業者に連絡するという事が、何よりも大切です。

返済に関して事前に遅れることが分かっている場合など、事前連絡をしておくと督促の連絡をなくしてくれたり、返済計画の見直しなど柔軟に対応してくれます。

一番マズいのが「ばっくれ」ですので、業者が追いかけなくて良い状況を自ら作っておくことが大切といえるでしょう。